Grosfillex(ゴーフィレックス)

Grosfillex(ゴーフィレックス)社は1927年にフランス、ブレス地方で誕生しました。軽量で耐久性にも優れたレジンを素材として、フランスらしいエレガントな装飾が施されたGROSFILLEX(ゴーフィレックス)のガーデンファニチャーは、上質なアウトドアシーンを演出する商品として定評があります。すべての商品は最高の素材を使い厳しい管理のもとに作られ、高い品質を誇ります。最先端のデザインと伝統的な色づかいとともに木調レジンや新色の開発など、常に新しい事にもチャレンジし続けています。

実用性に富んだ新素材 "レジン"

GROSFILLEX(ゴーフィレックス)がこだわり続ける素材「レジン」。「レジン 」 というのは、英語で 「樹脂」 のことを言います。 その種類は実に豊富ですが、GROSFILLEX(ゴーフィレックス)では主に「ポリプロピレン」という熱可塑性樹脂が使われいます。この樹脂は耐熱性に優れ、湿度に強く、リサイクル性が高いという特徴を持っており、アウトドアシーンでの使用に適した素材といえるでしょう。また最大の特徴である、硬質でありながら加工しやすい性質はデザイン家具を製作する上でも必須の条件であるといえます。あらゆるニーズに対応することを目指したGROSFILLEX(ゴーフィレックス)のガーデンファニチャー。その高い実用性とデザイン性は屋外家具の新たなスタイルとして広く認知されています。